探偵に依頼しよう!(sato-izumo)

探偵ができるサービス【その2:人探し(所在調査)】

探偵ができるサービスの一つには「人探し(所在調査)」があります。

日本では、毎年届出が出されている行方不明者だけでも8万人以上おり、警視庁が発表した26年度の行方不明者数は81,193人。

そして、そのうち所在が確認されたのが79,269人だったそうです。

このように届出が出ているだけでもこれだけの人数がいますが、警察では民事事件に介入することが出来ない為、事件性がない場合調査することが出来ません。

さらに、届出を出せる人は「保護者」「配偶者」「親族」「対象者の看護者」のみとなっているので、結婚をしていない恋人などの場合、届出を出すことが出来ないということもあります。

そのような時に、探偵に依頼することで対象者を探すことが出来ます。

その主な調査方法としては、「ネットでの個人情報調査」「SNSからの手がかり入手」「対象者の足取りを追跡し、周辺の聞き取り調査」「住民基本台帳補助簿から調査」「探偵独自の情報網を利用しての調査」などが挙げられます。

また、対象者が自らの意志で失踪している場合には、身を隠そうとしている為、調査も難しくなります。

事前に対象者に関する情報を出来るだけ多く提供することで、見つける際の手がかりとなりますので、早期発見と費用を抑えることにも繋がります。